Twitterルール

See this article in English.

Twitterのゴールは、ユーザーの方々が興味深い様々な情報を発見したり、自分のツイートを他のユーザーと共有したりできるサービスを提供することです。Twitterはユーザーが共有するコンテンツの所有権を尊重しており、また、各ユーザーは自身の提供したコンテンツについて責任を負っています。これらの原則から、以下のような限られた事情、状況を除いて、Twitterでは積極的にユーザーのコンテンツを監視および検閲しません。

コンテンツの範囲とTwitterの利用

Twitterのサービスを提供し、他のユーザーとコミュニケーションをとり、つながっていられるように、Twitter で公開できるコンテンツの種類にはいくつか制限があります。これらの制限は、法的な要件に従い、Twitterがすべての人にとってより良い体験であるようにするためです。このルールは必要に応じてその都度変更され、Twitterは、その権利を留保します。最新版はこちらで確認してください。

  • なりすまし:他者に誤解や困惑を招いたり欺くような方法で、Twitterサービスを通して他人になりすます行為を禁じます。
  • 商標:Twitterは、ユーザー名に対し法的要求、または、商標権を所有する企業、個人に代わって、ユーザー名の返還を要求する権利を留保します。他人に誤解を与える事業名および/またはロゴを使用するアカウントは永久凍結されます。
  • 個人情報:クレジットカード番号、住所、ソーシャルセキュリティナンバー/ナショナルアイデンティティナンバーなど、他者の個人情報または機密情報を、本人の承認や許可の表明なく公開、投稿することを禁じます。
  • 暴力および脅迫:他者に対する直接的で明確な脅迫などの暴力行為を禁じます。著作権:Twitterは、明確で、かつ完全な著作権の侵害の申立ての通知に対応します。Twitterの著作権関連の手続きについては利用規約をご覧ください。
  • 非合法利用:非合法な目的や、違法な活動を促進させるためにTwitterサービスを利用することを禁じます。世界中のユーザーは、オンライン上での行為や適切なコンテンツに関して、全ての現地法に従うことに同意するものとします。
  • Twitterバッジの誤使用:Twitterが提供する場合を除いて、認証済みアカウントバッジまたはプロモーションバッジを使用することを禁じます。こられのバッジを、プロフィール画像や、ヘッダー画像、背景画像に使用した場合、またはTwitterとの提携を不当に示唆するような方法で使用した場合、そのアカウントは凍結されることがあります。

不正利用とスパム

Twitterは不正利用やスパムからユーザーを守るよう努めます。ユーザーの不正利用や技術的な不正利用をTwitter.comで容認することはできません。以下に明記する行為を行なっているアカウントは全て永久凍結されることがあります。

  • アカウントの大量作成:秩序を乱すことや嫌がらせを目的として、または、ユースケースを重複して、連続してアカウントを作成することを禁じます。大量にアカウントを作成した場合、関連するすべてのアカウントが凍結の対象となります。いかなるTwitterルールの違反は、すべてのアカウントの永久凍結の原因であることに注意してください。
  • 特定の人物に向けた罵倒や嫌がらせ:特定の人物に向けた罵倒や嫌がらせを禁じます。特定の人物に向けた罵倒や嫌がらせに該当するかどうかを決定する際に、考慮に入れる事項は以下の通りです。
    • 1ユーザーへ複数アカウントからメッセージを送信している場合
    • 他のユーザーに攻撃的なメッセージを送信するためだけにアカウントが使用されている場合
    • 報告対象の行為があまりに一方的である。または脅迫を含む場合
  • 不正アカウントの取得:不正アカウントを取得することはできません。6ヶ月以上使用の実績がないアカウントは事前通知なしに削除される可能性があります。不正なアカウントの取得に該当するかどうかを決定する際に、考慮に入れる事項は以下の通りです。
    • 作成したアカウントの数
    • 他のユーザーがユーザー名を使用できないようにする目的でのアカウント作成
    • 売買目的でのアカウント作成
    • 第三者のコンテンツを流用して更新し、その第三者の名のもとにおける利用継続
  • 招待スパム:Twitter.comのアドレス帳の連絡先のインポート機能を利用し、繰り返し大量の招待メールを送ることを禁じます。
  • ユーザー名の売買:Twitterユーザー名の売買を禁じます。 
  • マルウェア/フィッシング:他のユーザーのブラウザやコンピュータに損傷を与えたり崩壊させること、またはユーザーのプライバシーを侵害するような、悪意のあるコンテンツを公開したりリンクさせることを禁じます。
  • スパム:スパム行為を行う目的でのTwitterサービスの利用を禁じます。「スパム行為」とされるものは多様化しており、Twitterはスパマーに対して新しい策略と方策により対処します。スパム行為とみなす決定をする際に考慮する事項は以下の通りです:
    • 特に自動化されたアプリやツールで、短期間に多数のユーザーをフォローしたりフォロー解除をした場合(過剰なフォローまたはフォロワーチャーン)
    • フォロワーを増やしたり、自分のプロフィールを注目させるなどの目的でフォローおよびフォロー解除を繰り返した場合
    • ツイートの更新が、主にリンクのみであり、人的でない場合
    • 多数の人にブロックされている場合
    • そのアカウントに対する多数のスパム報告
    • 重複した内容を、複数アカウントから投稿した場合、またはひとつのアカウントで重複した投稿を複数した場合
    • 「#」(ハッシュタグ)、トレンドトピックや人気のトピック、プロモトレンドなどを使用し、そのトピックとは関係のない更新を複数投稿した場合
    • 多数の重複した内容の返信、また@ツイートを送信した場合
    • サービスまたはリンクをスパムする目的で、要求されていない返信、または@ツイートを多数送信した場合
    • アカウント、サービス、またはリンクをスパムする目的で、多数の無関係のユーザーをリストに追加した場合
    • アカウント、サービス、またはリンクをスパムする目的で、不適切または誤解を招く内容を繰り返し作成した場合
    • アカウント、サービス、またはリンクをスパムする目的で、自動化されたツールなどでツイートを無作為または必要以上にお気に入りに登録した場合
    • アカウント、サービス、またはリンクをスパムする目的で、自動化されたツールなどでツイートを無作為または必要以上にリツイートした場合
    • 繰り返し他のユーザーのアカウント情報 (自己紹介、ツイート、ホームページなど) を自分のものとしてツイートした場合
    • 有害なリンク(アフィリエイト、悪意のあるWebサイトへのリンク、クリックジャッキングページなど)をツイートした場合
    • フォロワーを得る目的で、誤解を招くようなアカウントを複数作成した場合
    • フォロワーを売却した場合
    • フォロワーを購入した場合
    • 「フォロワー獲得」などをうたう第三者のサイトを利用またはその利用を促進する場合(フォロワートレインや、「フォロワー急増」を約束するサイト、その他自動的に自分のアカウントにフォロワーを追加するようなサイトなど)
  • ポルノ:わいせつな画像またはポルノ画像を、プロフィール画像、ヘッダー画像、またはユーザーページの背景に使用することを禁じます。

上記のいずれかに該当する場合、利用規約違反によりアカウントを凍結します。上記に対するTwitterルールの適用に関しては、Twitterヘルプページのフォローに関するルールと留意点および自動化のルールとベストプラクティスに関するページをご覧ください。なお、凍結されたアカウントの代替として作られたアカウントは永久凍結します。

Twitterは、上記の行為に携わったアカウントを不正利用の疑いで調査します。調査中のアカウントは、検索結果から除外されます。Twitterルールや利用規約に違反すると判断した場合、Twitterは、事前の告知なしに対象ユーザーのアカウントを直ちに永久停止させる権利を留保します。

当社は、必要に応じて本ルールを改訂するものとします。最新版は常にこのページ(twitter.com/rules)でご覧いただけます。

お困りの場合

Twitterのポリシーと規約違反をご覧ください。

Twitterルール違反に関する報告は、こちらのフォームをお使いください。