ヘルプセンター

Twitter上の安全でないリンクについて

Twitter上で安全でないリンクに関する警告が表示される場合、そのリンクは、危険な疑いのあるリンクのデータベースに含まれています。そうしたリンクにアクセスすると、フィッシングサイト、マルウェアやスパムが仕組まれたサイト、Twitterの利用規約に違反しているサイトに誘導される可能性があります。安全でないリンクの警告は、次のような操作の際に表示される場合があります。

安全でない可能性があるサイトとは

安全でないサイトには、ユーザーのログイン情報やパスワードを盗むフィッシングサイト、悪意のあるソフトウェアをコンピューターにダウンロードするサイト、個人情報の入力を求めるスパムサイト、その他Twitterの利用規約に違反しているサイトなどが該当します。また、いずれかの時点で乗っ取られ、マルウェアが埋め込まれてしまったウェブサイトも安全でないサイトに含まれます。

自分のウェブサイトが安全でないサイトと判定された場合

運営しているウェブサイトのリンクが安全でないと判定された場合は、Twitterサポートにお問い合わせください。運営サイトのリンクをTwitterで使用する目的がマルウェア、フィッシング、スパム、その他Twitterの利用規約違反でないにもかかわらず、そのリンクがブロックされている場合は、こちらからご報告いただくことでTwitterサポートチームへのお問い合わせが可能です。[問題のあるリンク] フィールドには、問題があると判定されたリンクを短縮していない形式で入力してください。

Twitterが安全でないリンクと判定する理由

Twitterでは、アカウントの安全性、ユーザーの安全性、利用規約違反の観点からリンクを評価し、Twitterをより安全にご利用いただくこと、フィッシングや不正行為の防止、利用規約の徹底を目的に、安全でない可能性があるリンクを判定しています。このため、いくつかの条件が満たされた場合に、安全でない可能性のあるリンクの投稿がブロックされることがあります。Twitterでは、さまざまな外部パートナーと連携しながらリンクの安全性を評価しています。アカウントを安全な状態に保つための一般的な情報については、アカウントのセキュリティに関するヒントをご覧ください。

スパムやマルウェアのリンクを見つけた場合

Twitterからスパムを排除するためにご協力をお願いいたします。スパムやマルウェアのリンクを見つけた場合は、問題のあるアカウントのプロフィールまたはツイートから直接ご報告ください。詳細情報と手順については、Twitter上のスパム報告をご覧ください。