ヘルプセンター

Twitterリミット (API、ツイート投稿、およびフォロー)

リミットを設けている理由

リミットによってTwitterの内部処理部分の負担が軽減するため、ダウンタイムやエラーページを減らすことができます。信頼性の観点から、アカウントの操作に以下のいくつかの制限を設けています。

現在のTwitterリミット

アカウントに対して設けている現在の仕様上のリミットは以下の通りです。

  • ダイレクトメッセージ (1日): 1日に送信できるメッセージは1,000件に制限されています。
  • ツイート: 1日に2,400件。1日のツイート投稿リミットは、さらに30分間隔の細かいリミットに分かれます。リツイートもツイートとしてカウントされます。
  • アカウントの登録メールアドレスの変更: 1時間に4回。
  • フォロー (1日): 仕様上のフォローリミットは1日に1,000件です。これは、仕様上のアカウントリミットのみを示しており、これ以外に過剰なフォロー行為などを禁止するルールが設けられていることにご注意ください。フォローリミットの詳細については、「フォローに関するルールと留意点」ページをご覧ください。 
  • フォロー (アカウントベース): 1つのアカウントで5,000件を超える他のユーザーをフォローすると、それ以降のフォローはアカウントごとの特定の比率に基づき制限されます。詳細については、「フォローに関するルールと留意点」ページをご覧ください。

これらのリミットには、ウェブ、モバイル、電話、APIなどのすべての端末からの操作が含まれます。すべてのサードパーティーアプリケーションからのAPIリクエストは、1時間ごとのAPIリミットとは別にトラッキングされます。そのため、アカウントを複数のサードパーティーアプリケーションでご利用の場合は、APIリミットに達しやすくなります。このトピックの詳細については、「APIレートリミット」ページをご覧ください。

これらのリミットは、サイト利用が多い期間中に一時的に下げる場合があります。その場合は、Twitterステータスブログで最新の情報をご案内します。

リミットに達した場合の対応

リミットに達した場合、リミットに達したことを示すエラーメッセージで通知します。時間ベースのリミット (ダイレクトメッセージ、ツイート、アカウントの登録メールアドレスの変更、APIリクエストリミット) に関しては、リミット時間終了後に再度お試しください。

1日に2,400件のツイート投稿リミットは、さらに30分間隔のリミットに分かれます。アカウント更新/ツイートリミットに達した場合は、リミット期間終了後となる2~3時間後に、もう一度お試しください。

お困りですか?

フォローリミットに達した場合、詳細についてはこのフォローリミットに関するトラブルシューティングページをご覧ください。