ヘルプセンター

アカウントが乗っ取られた場合

アカウントが乗っ取られていても、そのアカウントにログインできる状態であれば、このページを参考にアカウントを安全に保護し、不適切な行為を停止することができます。アカウントにログインできない場合は、こちらのトラブルシューティングをご覧ください。

アカウントの乗っ取りが疑われる場合

以下の現象が起こっていないか、ご確認ください。

  • アカウントから心当たりのないツイートがされています。
  • アカウントから心当たりのないダイレクトメッセージが送信されています。
  • その他の心当たりのない操作(例: フォロー、フォロー解除、ブロック)が行われています。
  • アカウントが乗っ取られている可能性があるという通知をTwitterから受け取りました。
  • 変更していないにもかかわらず、アカウント情報が変更されたという通知をTwitterから受け取りました。
  • パスワードが使用できなくなり、リセットを促すメッセージが表示されました。

上記のいずれかに当てはまる場合の手順

1.パスワードを変更します。

設定ページの [パスワード] タブでパスワードをすぐに変更するか、ログアウト後のページでパスワードリセットをリクエストするリンクをクリックしてください。過去に使っていない、複雑なパスワードを設定してください。アカウントにログインできない場合は、こちらのトラブルシューティングをご覧ください。

注記: アカウントのパスワードを変更しても、Twitter for iOSアプリまたはTwitter for Androidアプリとのアカウント連携は自動的には解除されません。これらのアプリとのアカウント連携を解除するには、ブラウザでTwitterにログインし、設定ページの [アプリ連携] にアクセスします。表示された画面で、アプリケーションのアクセス許可を取り消すことができ、次回アプリの起動時には新しいパスワードの入力を促すメッセージが表示されます。

リクエストした覚えのないパスワードリセットメッセージが頻繁に届く場合は、パスワードリセットを行う際にメールアドレスまたは電話番号の入力が必須となるように設定できます。手順については、こちらをご覧ください。

2.メールアドレスが安全であることを確認します。

アカウントに登録しているメールアドレスの安全性が確保されており、自分以外がアクセスできないことを確認します。メールアドレスを変更するには、Twitterアプリ(iOSまたはAndroid)を開くか、twitter.comにログインして、[ユーザー情報] の設定タブを開きます。変更の手順については、こちらの記事をご覧ください。また、こちらの記事では安全性を高めるためのヒントをご紹介しています。

3.サードパーティーアプリケーションとの連携を取り消します。

ログインした状態で、設定ページの [アプリ連携] にアクセスして、見覚えのないサードパーティーアプリケーションのアクセス許可を取り消します

注記: TweetDeckのチーム機能を使用している場合、メンバーのリストを確認することを強くおすすめします。心当たりのないユーザーを見つけたら、削除してください。チーム機能の詳細については、こちらをご覧ください。

4.いつも使用しているサードパーティーアプリケーションのパスワードを更新します。

いつも使用している外部アプリケーションにTwitterパスワードを使用している場合、そのアプリケーションのパスワードも必ず更新してください。更新せずにログインに複数回失敗すると、アカウントが一時的にロックアウトされる場合があります。

これでアカウントの安全性が確保され、意図しない行為がご利用のアカウント上で発生しなくなるはずです。問題が引き続き発生する場合は、サポートへお問い合わせください。

アカウントを守る簡単な対策

アカウントが乗っ取られた場合、以下の対策を追加で実施してください。

  • アカウントが乗っ取られた状態で投稿された不適切なツイートを削除します。
  • ご利用のパソコンで、ウイルス対策またはマルウェア対策のスキャンを実施します(特に、パスワードを変更した後もアカウントで不審な現象が続く場合)。
  • ご利用のオペレーティングシステムやアプリケーションにセキュリティ修正プログラムをインストールします。
  • 過去に他の場所で使っていない、複雑で推測されにくいパスワードに変更します。
  • ログイン認証を使用します。パスワードに加えてログイン認証を使うことで、Twitterアカウントへの不正ログインを二重に防止できます。
  • ハッキングやフィッシングを回避する方法の詳細については、安全にツイートするための基本情報をご覧ください。

アカウントが乗っ取られる原因(乗っ取りかどうかを判断する方法)

Twitterアカウントが乗っ取られる原因として、悪意のあるサードパーティーアプリケーションやウェブサイトにユーザー名とパスワードを入力してしまった場合や、単純で推測されやすいパスワードを使っている場合、ウイルスやマルウェアによってパソコン内のパスワードが抜き取られた場合、さらにネットワークに不正ユーザーが侵入した場合などが考えられます。

意図しない更新が行われた場合でも、必ずしもアカウントが乗っ取られているとは言えません。たとえば、サードパーティーアプリケーションの不具合によって、予期しない動作が発生することがあります。不審な動作に気付いた場合は、パスワードの変更やアプリ連携の取り消しを行ってください。アプリケーションとアカウントの接続が解除され、不審な動作がなくなります。

お使いのアカウントで心あたりのないツイートや承認していない更新が行われた場合は、すぐに上記の対応を実施することをお勧めします。アカウントの安全性の詳細については、安全にツイートするための基本情報をご覧ください。