ヘルプセンター

Twitterのプライバシーポリシーが新しくなりました

Twitterサービスの改善に合わせて、プライバシーポリシーが改訂されます。改訂後のポリシー全文をお読みになることをお勧めします。2017年6月18日以降にTwitterのサービスをご利用になると、今回の改定内容に同意されたものとみなされます。以下に、重要な改訂内容をいくつかご紹介します。

透明性と管理性: [カスタマイズとデータ] 設定を新設し、[Twitterデータ] の項目を拡張します。これにより、皆さまがより高い透明性でご自身の情報にアクセスし、Twitterによる個人データの利用方法をよりきめ細かく設定できるようになります。従来、Twitterではブラウザー設定「Do Not Track(トラッキング拒否)」を利用してきましたが、これらの新しい設定がトラッキング拒否に置き換わるため、今後はトラッキング拒否がサポートされなくなります。

ウェブデータ: Twitterのサービスを改善し、カスタマイズされたコンテンツ(広告を含む)が表示されるようにすることを目的に、埋め込みタイムラインなどのTwitterコンテンツが統合された他ウェブサイトにおけるデータの保存方法および使用方法を改訂しました。EUおよびEFTA加盟国にお住まいのユーザーについては、ウェブページへのアクセスデータを保存しません。

データ共有: 個人を特定できない集計された端末レベルデータの共有に関するポリシーを改訂しました。このデータには、特定のパートナーがユーザーの同意を得た場合に、ユーザーの氏名やメールアドレスなどの個人情報をデータと関連付けることができる旨のパートナー契約に基づき共有されるデータが含まれます。ユーザーは [カスタマイズとデータ] 設定を使って、このようなパートナー契約に従って個人データが共有されることを許可するかどうかを設定できます。

複数端末でのカスタマイズの共通化: データを使用して複数の端末のカスタマイズが共通化される仕組みについて説明しました。また、Twitterへのログインに使用していない端末について、[カスタマイズとデータ] で詳細な設定ができるようになりました。

Privacy ShieldおよびDigital Advertising Alliance: Twitterは今後、Swiss-US Privacy Shieldプログラムに参加し、Digital Advertising AllianceのSelf-Regulatory Principles for Online Behavioral Advertising(行動ターゲティング広告に関する自主規制原則)を遵守します。

Twitterは、皆さまのプライバシーの保護に対するコミットメントを中心とするTwitterの企業理念に沿って皆さまがより快適にTwitterをご利用いただけるよう改善の取り組みを続けますので、今回の改訂の意義をご理解いただきますようお願いいたします。疑問点がありましたら、こちらからお気軽にメールでお問い合わせください。