ヘルプセンター

アカウントがロックまたは制限されているというメッセージが表示される

Twitterでは、乗っ取りが疑われる場合、またはTwitterルール利用規約に違反している場合に、アカウントをロックしたり、アカウントの一部の機能を一時的に制限したりすることがあります。ログインしたり、アプリを開いたりしたときに、アカウントがロックされている、またはアカウントの一部の機能が制限されているというメッセージが表示される場合は、手順に沿ってアカウントを復元するか、以下の詳細をご覧ください。

セキュリティ上の理由によりアカウントがロックされた場合

アカウントにログインしている状態で、セキュリティ上の理由によりアカウントがロックされているというメッセージが表示される場合は、そのアカウントで不審な行為が発見され、乗っ取られている可能性があることを示しています。アカウントのロックを解除するには、今すぐパスワードを変更してアカウントを保護してください。

また、Twitterから登録メールアドレス宛てに、対応方法を記載したメールが送付されているはずです。Twitterからのメールが見つからない場合、スパムフォルダ、迷惑メールフォルダ、ソーシャルフォルダも確認してください。

アカウントを安全に保つための情報やヒントについてはこちらをご覧ください。

アカウントのロック解除についてさらにサポートが必要な場合は、こちらからサポートにお問い合わせください。

アカウントのロックに伴い、正当な所有者であることの確認が必要になる場合

アカウントでTwitterルールに違反する自動化された操作が見られた場合、Twitterではアカウントをロックしたうえで、あなたがアカウントの正当な所有者であることの確認をお願いすることがあります。

アカウントのロックを解除するには

  1. アカウントにログインします。
  2. アカウントがロックされていることを知らせるメッセージを探します。
  3. [開始] をクリックまたはタップします。
  4. 電話番号を入力します。この電話番号はアカウントに関連付けられることに注意してください。
  5. 認証コードがショートメールで送られるか、電話の音声で通知されます。コードが届くまで数分かかる場合があります。
  6. 認証コードを入力し、[送信] をクリックまたはタップすると、アカウントのロックが解除されます。

また、Twitterから登録メールアドレス宛てに、対応方法を記載したメールが送付されているはずです。Twitterからのメールが見つからない場合、スパムフォルダ、迷惑メールフォルダ、ソーシャルフォルダも確認してください。

アカウントのロック解除についてさらにサポートが必要な場合は、こちらからサポートにお問い合わせください。

アカウントがこの状態の場合、あなたのプロフィールにアクセスした利用者には、アカウントのアクティビティに不自然な点が見受けられたが、表示してよいか確認するメッセージが表示されることがあります。

アカウントがTwitterルールに違反している可能性があることを理由に制限された場合

Twitterルールに違反している可能性があることを理由にアカウントが制限された場合、引き続きTwitterを利用できますが、フォロワーにダイレクトメッセージを送ることしかできません。ツイート、リツイート、いいねなどを行うことはできず、あなたの過去のツイートを見ることができるのはフォロワーのみになります。

制限された状態を解除する前に、所定の対応を行うようお願いすることがあります。お願いする対応としては、メールアドレスの認証、アカウントへの携帯電話番号の追加、Twitterルールに違反しているツイートの削除などがあります。

アカウントを復元する場合は、ログインしてアカウントの一部の機能が一時的に制限されていることを知らせるメッセージを見つけます。[開始] をクリックまたはタップし、手順に沿って必要な対応を行ってください。注記: Twitterルールの違反を繰り返す場合は、アカウントを永久凍結することがあります。

アカウントが誤って制限されていると思われる場合は、こちらからサポートに問い合わせて異議申し立てを行うことができます。

アカウントが一時的に制限されている場合、あなたのプロフィールにアクセスした利用者には、アカウントがTwitterルールに違反している可能性があるが、表示してよいか確認するメッセージが表示されることがあります。

不審な操作が行われたことによってアカウントの一部の機能が制限された場合

アカウントで過剰なフォローなどの行為(過剰ないいね、リツイート、引用ツイートを含む)が見られた場合、Twitterルール違反と見なされ、一定期間アカウントの機能が制限されるというメッセージが表示されます。

この場合、2つの選択肢があります。

  • 提示された期間が終わるまで一時的に制限された状態でTwitterを使う。
  • 提示されている電話番号の認証手順を完了する。

一時的に機能が制限された状態のままTwitterを使う場合、[Twitterを続ける] をクリックまたはタップします。制限された状態で利用すると、検索結果や通知といったTwitter上の特定の場所で自分のアカウントやツイートが除外される可能性があります。いったん [Twitterを続ける] を選ぶと、後で戻って次に説明する認証オプションを選ぶことはできません。

電話番号を認証してアカウントを復元する場合は、[確認] をクリックまたはタップし、提示される手順を行ってください。電話番号を認証することで、Twitter上で自動化やスクリプト化された操作が行われにくくなります。

注記: ご利用のアカウントがTwitterルールに繰り返し違反している、または他のアカウントに過剰に干渉していると見なされた場合には、電話番号で認証するオプションが提示されないことがあります。この場合は、提示されている期間が終わるまで制限された状態でTwitterを使うしかありません。

アカウントが誤ってロックされていると思われる場合は、こちらからサポートに問い合わせて異議申し立てを行うことができます。

アカウントの一部の機能が一時的に制限された場合

会話はTwitterで最も重要なものですが、Twitterルールに違反する言動、または他のユーザーの自由な会話を阻害するような言動が見られた場合、アカウントの一部の機能を一時的に制限する場合があります。その場合、たとえば、そのアカウントのTwitter上のアクティビティ(ツイート、いいね、リツイートなど)を見ることができるのはフォロワーのみに制限されます。不適切な内容のコンテンツが表示される範囲を制限することで、Twitterコミュニティの安全が確保され、発展につなげることができます。

ログイン後にこのメッセージが表示された場合は [Twitterを続ける] をクリックまたはタップし、アカウントの機能を復元する手順を始めます。攻撃的な行為に関するTwitterのポリシーについて、詳しくはこちらをご覧ください。また、暴言や脅迫、差別的言動に対するポリシーのガイドラインはこちらで確認できます。