ヘルプセンター

メディアについてのTwitterのポリシー

注記: このポリシーは今月中(2017年11月)に更新され、ヘイトシンボルとヘイト画像に関する規定が追加されます。このヘルプセンターページとTwitterルールの更新により、強制的な措置が可能になります。今回のポリシー変更に関する最新情報については、@TwitterSafetyのツイートをご覧ください。

Twitterに投稿される画像/動画

ツイートが不適切な画像/動画を含むものとして設定されていた場合、一部の写実的な暴力描写や成人向けコンテンツを含むツイートが許可されることがあります。ただし、ライブ放送、プロフィール画像、ヘッダー画像にこの種のコンテンツを掲載することはできません。さらに、故人およびその家族に敬意を表して掲載された、過度に写実的な暴力描写を含む画像/動画についても、その家族や法的代理人から削除要請が行われた場合には、Twitterが削除を要請する場合があります。そのような削除要請を行う方法については、こちらをご覧ください。

非合法な目的や、違法な活動を促進させるためにTwitterサービスを利用することを禁じます。世界中の利用者は、オンライン上での行為や適切とされるコンテンツに関して、すべての現地法に従うことに同意するものとします。

写実的な暴力描写や成年向けと見なされるコンテンツの種類

Twitterでは、人の死、重篤な外傷、暴力、外科手術などに関するグロテスクな画像/動画をすべて写実的な暴力描写と見なしています。例としては以下の場面を撮影したものが挙げられますが、これらに限定されません。

  • 人が死ぬ瞬間
  • 凄惨な犯罪や事故の現場
  • 人体を傷つける行為、拷問、切断、切除

Twitterでは、ポルノを始めとする性的興奮の喚起を目的とした画像/動画をすべて成年向けコンテンツと見なしています。例としては以下のようなものが挙げられますが、これらに限定されません。

  • 全裸またはセミヌード(生器、臀部、胸部を拡大して撮影したものを含む)
    • 芸術、医療、健康、教育を目的としたコンテンツは例外となる場合があることにご注意ください。授乳の場面を撮影したコンテンツは、不適切なものとして設定する必要はありません。 
  • 性行為をしているように見せること
  • 性交などの性的行為全般(人間だけでなく、人型の動物、漫画やアニメの登場人物が関わる場合を含む)

Twitterのポリシーに違反する可能性があると思われる画像/動画を発見した場合は、報告してください。不適切な内容を含む画像/動画を報告する方法については、こちらをご覧ください。

画像/動画の設定

Twitterアカウントでは、Twitterがツイートに掲載される画像/動画の種類を把握できるようにしたり、他の利用者が関心のあるコンテンツを見つけられるように、画像/動画の設定を行うことができます。

画像/動画の設定を適切に行うことで、暴力や裸体など、他の利用者が見たくないような不適切な内容のコンテンツが投稿される可能性があることをTwitterに知らせることができます。今後そのようなコンテンツを定期的に投稿する場合は、次の手順で画像/動画の設定を変更してください。

  1. twitter.comでアカウントにログインします。
  2. ナビゲーションバー右上のプロフィールアイコンをクリックします。
  3. ドロップダウンメニューから [設定とプライバシー] を選択します。
  4. [プライバシーとセキュリティ] 設定に移動します。
  5. [画像/動画の表示] セクションで、[ツイートする画像/動画を不適切な内容を含むものとして設定する] の横にあるチェックボックスをオンにします。
    注記: この設定をオンにした場合、あなたのプロフィールにアクセスした利用者には、アカウントに不適切な内容が含まれる可能性があることが通知され、表示するかどうか確認するメッセージが表示されることがあります。[不適切な内容を含む可能性のある画像/動画を表示する前に警告を表示しない] の設定をオンにしている利用者にはメッセージが表示されず、アカウントのコンテンツが表示されます。

不適切なコンテンツが表示される方法やタイミングは、画像/動画の表示設定で変更できます。

画像/動画の設定を変更せずに不適切な画像/動画をツイートした場合

ツイートに不適切な画像/動画が含まれていることが報告された場合、Twitterが報告されたツイートを確認します。その画像/動画がアップロード時に不適切な内容を含む可能性があるものとして設定されていなかった場合、Twitterは次の対応を取ります。

  • 不適切な内容を含む可能性がある画像/動画としてラベル付けします。ライブ放送の場合は、コンテンツ全体を削除します。
  • 今後のツイートにも不適切な内容が含まれると想定し、アカウントの設定を [ツイートする画像/動画を不適切な内容を含むものとして設定する] に変更する場合があります。

画像/動画のラベル付けをしたことをメールでお知らせします。画像/動画の設定を変更した場合は、それもお知らせします。アカウントの設定で画像/動画の設定を変更することはできますが、指摘された画像/動画を含め、これまでに「不適切な内容を含む可能性がある」とラベル付けされた画像/動画のラベルは解除できません。

適切にラベル付けされていない画像/動画を繰り返しアップロードした場合、次の対応を取ることがあります。

  • 画像/動画に不適切な内容が含まれる可能性があるとしてラベル付けします。
  • アカウントの設定を [ツイートする画像/動画を不適切な内容を含むものとして設定する] に固定します。それ以降、Twitter利用者がこのアカウントのツイートを表示しようとすると警告メッセージが表示され、警告メッセージをクリックした後に画像/動画が表示されるようになります。

Twitterでは、自動的に動作するシステムを利用して、不適切な画像/動画を検出してラベル付けしたり、不適切な画像/動画を頻繁にツイートするアカウントを検出してラベル付けしたりする場合があります。

プロフィール画像がTwitterルールに違反している場合

プロフィール画像またはヘッダー画像の内容がTwitterルールに違反している場合、アカウントが一時的に凍結され、問題のコンテンツが削除される場合があります。繰り返し違反した場合、アカウントが永久凍結されます。

また、プロフィールに使っている画像/動画がメディアについてのTwitterのポリシーに違反している場合、ご利用のアカウントがロックされることがあります。アカウントのロックを解除するには、提示される手順に沿ってポリシー違反の画像/動画を削除してください。アカウントのロックの詳細についてはこちらをご覧ください。

Twitterの決定に異議申し立てをする場合

プロフィール画像またはヘッダー画像に写実的な暴力描写や成年向けコンテンツが含まれているとしてアカウントが凍結された場合、該当するアカウントにログインして、こちらから異議申し立てを提出することができます。

ラベル付けされていない不適切なコンテンツを繰り返し投稿した結果、Twitterによってアカウント設定が [ツイートする画像/動画を不適切な内容を含むものとして設定する] に固定された場合、それに対して利用者が異議を申し立てる方法は現在のところありません。