Help Center

[自治体アカウント運営者の皆さま]ライフラインアカウント検索への掲載について

Sorry, this article isn't available in your language

ライフラインアカウントの掲載申請

ライフラインアカウント検索で表示されるアカウントにつきまして、災害時の情報共有において確かな情報を提供できるよう、Twitter認証済アカウントのみ掲載をしています。ライフラインアカウント検索について詳細はこちら。以下お読みいただき、記載の必要事項を記入してメールで申請いただければ、こちらで申請条件に沿っているか確認し登録いたします。

申請条件

申請可能なアカウントは、都道府県/市区町村が運営するもののみとなり、役職名や個人で運用されているアカウントは対象外となります。下記の条件を満たしたアカウントが認証され、ライフラインアカウントとして掲載されます。

1.都道府県/市区町村が、災害時に使われる予定で公式アカウントとして運用されているもの (1機関につき、広報+災害専用=最大2アカウントまで申請可能です)

2.プロフィールの設定が以下通りされているもの

  • アイコン:わかりやすい画像が設定されている
  • 名前:正式な名前を使用している
  • 自己紹介:機関の説明がされている
  • URL:公式サイトのURLのリンクを掲載している

3.少なくともこれまで1回以上ツイートしている

4.都道府県/市区町村の公式サイト上にTwitterアカウントを掲載している (ユーザー名、フォローボタン等)

5.非公開アカウントではないもの

全ての下記の必要事項を記入の上メールでlifeline-accountアットマークtwitter.com (アットマークは@に置き換えてください。) まで申請をしてください。確認、アカウント認証後Twitterよりご連絡を差し上げます。お問い合わせがある場合も、上記アドレスまでお願いいたします。

アカウント認証の必要事項

  1. 機関名
  2. ユーザー名(@△△△△△)
  3. 機関公式サイトのURL
  4. ご担当者名
  5. 必ず連絡が取れるメールアドレス: 可能であれば2つ (個人ものと、部署のもの、等)
  • ドメイン名(@以下)が公式なもの
  • グループメールのアドレスも可

注) アカウント認証、ライフラインアカウントとしての掲載は確約されたものではありません。Twitterが不適切と判断した場合、アカウント認証、ライフラインアカウントとしての掲載を認めないことがあります。また、一度掲載した場合でも、不適切と判断した場合、ライフラインアカウントとしての掲載の停止を行うことがあります。その場合、理由を開示しないものとします。